ドラマ

ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~|第4話のあらすじやネタバレ紹介|

テレビ朝日系のドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時』第4話あらすじネタバレ

2020年2月6日(木)午後9:00放送『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』4話のあらすじやネタバレを紹介したいと思います♪

 

事件の被害者は、みなみ(比嘉愛未)の元カレ!?

 

果たして真島(東出昌大)は冷静に取調べできたのでしょうか?豪太(桐谷健太)ならではの捜査も楽しみですね!

 

それでは、「ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜」4話のネタバレあらすじと感想を見ていきましょう♪


 

「前回までのあらすじはコチラ」

【全話の視聴率やキャスト一覧記事】も併せてお楽しみくださいね

 

この記事はネタバレを含みますので、見たくない方はココまでにしてください!

『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』第4話のあらすじネタバレ

ドラマのあらすじやネタバレ、感想を紹介していきたいと思います!

あらすじ・ネタバレ

強行犯係に、テレビの密着が入ることになり、豪太たち(桐谷健太さん)は大張り切り。そんな中、放火の通報があり、現場に急行します。

 

夜、マンション前でバイクが燃えているのを近所の住人が発見。既に火は消し止められ、燃えたのはバイクだけ。

これじゃ密着にならないと、テレビ局の取材陣は撤収。豪太だけ置いていかれます。

 

帰宅した被害者・太郎丸直樹(大東駿介さん)に事情を説明すると、犯人は、3週間前に別れた石田貴理子(安部純子さん)ではないかと言います。

 

帰宅後、豪太がみなみ(比嘉愛未さん)にその話をすると、驚くみなみ。

 

太郎丸は、2ヶ月前に貴理子と知り合い、つきあったが、1日に何十通もメールしてくるのでうんざりし別れたという。

 

それを聞き、みなみは「自業自得!」と鬼の形相。

ハッとした豪太が「この箸の男か?」と台所から持ってくると、

「あぁ、そうや。そのとおりや!」と切れるみなみ。

 

被害者の太郎丸は、みなみの元カレだったのです。

 

翌日、豪太が取調べをすると、貴理子は素直に火をつけたと認めました。

 

豪太は「自白した、カメラー!」と呼ぶと、カメラ目線でアピールします。

が、そこに毛利(今田美桜さん)が「あおり運転暴行事件の被疑者が見つかりました!」と飛び込んできたため、皆そちらへ。

豪太はまた1人置いていかれてしまいます。

 

翌日、貴理子は送検され、真島(東出昌大さん)が担当することに。

豪太から、被害者がみなみの元カレだと聞かされていた真島は、しくしくと泣き始めます。

 

事情を聞いた樫村(柳葉敏郎さん)は、みなみを捜査から外します。

 

貴理子は、いきなり別れを切り出され、理由もはっきりしなくて気持ちが収まらなかったと言い、謝罪します。

 

しかし、貴理子と廊下ですれ違ったみなみは、取調べ中のしおらしさとは真逆の険しい表情に恐怖を感じます。

 

その後、取調べにやってきた太郎丸と、みなみは再会。調子のいいことばかり言う太郎丸に、「なんであんなのとつきあっちゃったんだろ〜」と思います。

 

真島は太郎丸を迎え入れると、首をゴキゴキ言わせながら、睨みつけます。なぜ、敵対心をもたれているかわからない太郎丸はタジタジです。

 

しかし、貴理子を告訴するか尋ねると、「告訴します」と即答する太郎丸。

 

実は警察には言わなかったが、別れ話をした後、貴理子のマンションを出ると、上から植木鉢が落ちてきたというのです。それは、彼女が世話していたものと同じ花でした…。

 

これを聞き、真島は豪太に電話すると、貴理子について調べるよう頼みます。

 

 

豪太は貴理子が何度もホストクラブに電話しているのを知り、聞き込みにいきます。

 

すると、貴理子はここの常連で、友達もおらず、「私を捨てた罰に復讐してやった!7階のベランダから植木鉢を落としてやった。見事命中した」と言っていたというのです。

 

それは去年の夏頃で、被害者は林原俊也。

豪太が会うと、左肩を複雑骨折する大怪我をしたにもかかわらず、事故と主張します。

 

しかし、彼は結婚しており、1日何十回もメールしてくる貴理子に困っていました。

それで「君は悪くない。悪いのは僕だから」と別れ話を切り出し、マンションを出たところ、植木鉢が落ちてきたと白状します。

林原は、浮気がバレると思い、警察に言わなかったのです。

 

太郎丸と林原。別れ話の状況も非常に似ており、貴理子は林原が大怪我をしたことで味をしめ、太郎丸にも投げ落としたのではないかと思われました。

 

でも、目撃者もおらず、証拠となるものは何も残っていない。それを罪に問うのは不可能でした。

 

バイクに火をつけたことだけ客観的に判断すれば、器物損壊罪。

燃え広がって火災が起こると認識した上で火をつけたなら、放火罪。

その2つだけ?

 

真島は、思い悩みます。

 

一方、豪太は、貴理子だけが悪いわけじゃない気がして、もやもやしていました。そこで部屋に真島を呼び、話し合うことに。

 

ピザを食べながら、お互いの意見をぶつけ合う2人。そこに帰宅したみなみも、立会事務官としてでなく、女性目線で加わります。

 

 

「貴理子にすれば、理由を言わず突然別れを切り出され、電気のスイッチを切るみたいに、はい終わりって言われたような気持ちになったのかも。

バイクに火をつけたのも、植木鉢を投げ落としたのも、自分は血の通った人間だって、訴えたかったのかもしれない」

というみなみに、でも不起訴にはできないという真島。

 

 

豪太もそれはわかりながらも、どうしても割り切れない感情を抱いてしまいます。

「警察の仕事は、捕まえて罰与えたらそれでいいってもんじゃない。再犯の防止。そこを考えてやらなアカン」

真島は、じっと考え込むのでした。

 

翌日、真島は貴理子を起訴します。罪名は、現住建造物等放火未遂罪。

 

「未遂?」そう呟く貴理子に、放火は殺人に近い罪だと話し始める真島。

 

「ここからは、検事としてではなく、僕個人の…いや、僕とあなたを逮捕した警察官、そしてここにはいない立会事務官の気持ちとして聞いてください」

 

ドアの外では、みなみが耳を傾けています。

 

真島は、貴理子に心から反省し、2度と同じ過ちを繰り返さないでほしいと念を押すと、男の悪口を言えるような同性の友達をつくってみては?と語り始めました。

 

そして、その女友達のふりをして、さりげなく、メールや電話はほどほどにしたほうがいいこと、部屋には植木鉢をおかないことを示唆します。

 

それを聞き、貴理子は涙を流して謝りました。植木鉢を投げたことも認めましたが、真島はそれ以上聞くことはありませんでした。

感想

今回初めて豪太と真島がバディっぽくなってましたね!

ピザをむしゃむしゃ食べながら家で話すのが、豪太らしいなと思いました(笑)

 

そこにみなみも加わって、3人ともそれぞれの立場をわかった上で、完全否定することなく話し合っていて、見ていてホッとしました。

 

真島が「これは検事としてでなく、僕と、あなたを逮捕した警察官、そして、ここにはいない立会事務官の気持ちとして聞いてください」と意見を語るシーンは、

とても感動しました。

 

前半、あれだけみなみのことで、落ち込んだりキーキー言ったりしてた人とは思えません(笑)

「検事さん」って言われて、照れくさそうにしてる姿もよかったです。

 

豪太の言うとおり、事件は逮捕したら終わりじゃなく、また同じことを繰り返さないようにしてあげるのが大事だなと、痛感しました。

 

まあ、そんなふうになんでも言い合える友達を作るのが、1番難しいんですけどね…。

 

真島は、豪太に会えて、なんでも言える相手ができて羨ましいなと思います。

 

だって豪太は、初めから真島をいけ好かないと思ってるから、これ以上嫌いになることないし、なんせ人情熱いですからね。

 

みなみも、これで箸捨てられたかな?

 

ドア越しに、真島の取調べを「うんうん♪」と聴いているみなみがよかったです。

『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時』5話の予想・展開

豪太と目黒、誤認逮捕!?

 

次回は、目黒こと“メグちゃん”がキーとなりそうです!

 

まだ若いのに、出世するため、もう守りに入っているメグちゃん。しかし、誤認逮捕しちゃったら、そりゃあ出世にも傷がつく。

 

おまけに、同級生の弁護士がやり手で、いろいろ邪魔してくるらしいです。

 

予告の最後で、豪太が「やってやろうぜ」と言っている相手は、メグちゃんなのか、真島なのか?

 

来週もスカンと1発大逆転で、明るい解決BGMが流れたら嬉しいです!

 

真島とみなみの関係は!?

 

今回の事件で、最後には元カレを「クズ」と言えるようになっていたみなみ(それもどうかと思いますが…汗)

 

真島は、太郎丸のことを、大嫌いだけど被害者だと、最終的に冷静に見ることができるようになっていました。

 

だからといって、真島が恋愛対象になるとは思えませんが(ごめん、真島さん!)、今回の件でみなみが真島のこと見直したのは間違いないですよね!

 

次回、まただめだめ真島くんに逆戻りしてないことを願っています。

 

さいごに

豪太と真島、立場は違うけど、どんどん距離が近くなってきましたね!

 

まさか、豪太が家に呼ぶと思わず、びっくりしました。みなみがそれを嫌がらないところがまたすごい(笑)

 

悩んで悩んでふと出てきた答え。

それまで会ったこともない赤の他人のことを、あそこまで考えてくれる人っていないんじゃないでしょうか?

 

時にウザいかもしれないけど、そういう人がいるからこの世は回ってるのかもしれませんね。

 

次回もみんなの活躍が楽しみです〜!

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。