ドラマ

ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~|第7話のあらすじやネタバレ紹介|

2020年2月27日(木)午後9時〜放送の『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』第7話のネタバレやあらすじを紹介したいと思います。

 

桜木署管轄内で集団暴行事件が発生!

3人のうち、主犯は一体誰なのか?

今回は警察、検察総出で取り調べと捜査に当たることに。

はたして豪太(桐谷健太)の勘は当たるのでしょうか?

 

それでは、気になる7話のネタバレあらすじを見ていきましょう♪


「前回までのあらすじはコチラ」

【全話の視聴率やキャスト一覧記事】も併せてお楽しみくださいね

 

この記事はネタバレを含みますので、見たくない方はココまでにしてください!

『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』第7話のあらすじネタバレ

ドラマのあらすじやネタバレ、感想を紹介していきたいと思います!

あらすじ・ネタバレ

桜木署管轄内で集団暴行事件が発生。

大学生の江島(永田崇人さん)は、同じ高校の卒業生・久保田(濱 正悟さん)と宮前(柾木玲弥さん)、黛(今井悠貴さん)の3人から暴行を受け、全身打撲と右すねを骨折する重傷を負いました。

 

豪太(桐谷健太さん)が病室で聞き込みすると、江島は夜帰りに後ろから声をかけられ、空き地に引っ張りこまれ暴行を受けたと言います。

 

暴行を受けた理由は、久保田の元カノ・小山きらと付き合ったからでした。

 

そこでさっそく豪太たちが取り調べると、黛が先輩の久保田に誘われ仕方なくやったと自供。

初めは容疑を否認していた久保田と宮前も、現場にいたことを認めます。

しかし久保田と宮前は暴行はしていないというのです。

 

警察は江島の話から3人を集団暴行で送検することに…。

 

検察では、樫村支部長(柳葉敏郎さん)を筆頭に真島(東出昌大さん)、日下(澁谷謙人さん)、持丸(峯村リエさん)の4人で話し合いが行われていました。

 

捜査のポイントは、

・犯行を主導したのは誰か?

・誰が江島を骨折させたのか?

・江島のスネに残った深い傷から何か細い棒のようなもので殴ったと思われ、凶器を使用したのは誰か?

この3点がポイントとして挙げられました。

 

そこで樫村は、久保田を真島、宮前を日下、黛を持丸に任せました。

 

しかし3人の供述はみな食い違っており、誰が本当のことを言っているのかわかりません。

そこで真島は警察に、久保田が主犯だと言える物証を探すよう依頼。

日下は、宮前が趣味で持っていたヌンチャクを凶器に使ったと考え、凶器を探すよう命じました。

 

それを聞いた豪太は、「黛みたいな奴が1番怪しい!」と教師の勘で訴えますが、持丸は彼は事実を認めているし、先輩に逆らえなかっただけと全く話を聞いてくれません。

 

豪太は納得いかず、OKAZU−YAで愚痴るのでした。

 

ちょうどその頃、目黒とひかる(今田美桜さん)は帰りに2人で食事をしていました。

 

ひかるは昼間、江島の病室に行ったときに、偶然きらと別れ話をしているのを聞いていました。

自分勝手に次々に付き合っては別れてを繰り返すきらに、「あの子はダメ」とひかるは辛口です。

 

そこから話はひかるの結婚願望の話になり、目黒はさり気なく職場結婚を勧めるとスパゲティをくるくるくるくる巻きました。

 

目黒は意を決して「もしあれだったらオレと…」と言いかけますが、ひかるは「それはもう本当にどうしようもなくなったときの最終手段」とバッサリ。(目黒の告白は聞こえてないようですが…)

 

そして帰り際、2人が「おやすみ!」「おやすみなさい」と言っているところを豪太とみなみ(比嘉愛未さん)に見られてしまいます。

 

豪太は目黒とひかるが付き合っていると勘違い。目黒は否定しますが、2人は盛り上がり話を聞いてくれません。

 

そこで目黒は「僕たち結婚前提で付き合ってるんです」と言うと、「これは3人の秘密にしておいてください。ひかるちゃんにも言ってはだめです」と口止めしました。

 

翌日、真島は捜査報告を受けますが、久保田が主犯だと言えるような物証は得られずがっかりします。

 

一方日下は、宮前が高3の時、下級生をヌンチャクで殴り怪我をさせていたと知り大喜び。

 

そして黛が怪しいと1人捜査していた豪太は、黛もきらを好きなこと、ミリタリーショップで特殊警棒を購入していたことを突き止め、持丸に報告しました。

 

この特殊警棒の太さと、江島の骨折箇所に残った傷はピッタリ一致。

持丸は黛を呼び出すと、事件の経緯について語り始めました。

 

江島ときらが一緒に歩いているところを見た黛は激怒。

このことを宮前に知らせれば、宮前はすぐに久保田に知らせ、怒った久保田が宮前と黛を誘い、江島をボコボコにするだろう。

 

そう考えた黛は、暴行後に「スマホを落とした」と言い江島のところに戻ると、隠し持っていた特殊警棒で江島の足を殴ったのでした。

 

なんと主犯は、ずっとシロだと思われていた黛だったのです。

 

こうして事件は解決したのでした。

感想

今回は豪太の教師の勘が当たりましたね!

持丸はすっかり黛をシロだと決めつけてたし、真島も日下も自分が担当してる被疑者を主犯にすることに躍起になっていたので、危なかったですね。

 

しかしみんなを虜にする小山きらさん、恐るべし!最後にも誰か先輩と食事に行ってましたね〜。

 

そんなきらを「あの子はダメ」と言っていたひかるちゃん。

目黒はとうとう「よかったら俺とつきあって」と言いかけたけど、全然聞いてなかったですね(汗)

全く脈無しで、なんだか真島とみなみを思い出します。

 

そして2人が付き合っていると勘違いして、関西弁で盛り上がる仲井戸兄妹が面白かったです。

初めは兄妹に見えなかった2人だけど、今は漫才できそうなくらい掛け合いが鋭い(笑)

 

それから純ちゃんが将棋に目覚めて、将棋道場に通い出したのには笑ってしまいました。樫村支部長と大貫署長、2人を相手に負かしちゃうところは、見ててちょっと爽快でした。

 

ほんと樫村さんと署長は将棋が好きなんですね〜。

『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』前回までのあらすじ

ひかるは合コン帰りに、コンビニ強盗の半田二郎を逮捕し、スピード送検しました。

でも樫村支部長に指摘され、二郎の兄・一郎について調べることになります。

 

すると逮捕されたのは二郎ではなく、一郎だということが判明します!

なんと弟の二郎は3年前から行方不明になっていたのです。

 

真島は二郎はもう亡くなっているのではないかと思い、豪太たちに家を調べさせました。

でもひかるだけは二郎の無事を願い、聞き込みを開始しました。

 

すると二郎はホームレスになって、元気に暮らしていることがわかったのです!

家の床下に埋められていたのは、遺体ではなくタイムカプセルでした。

 

タイムカプセルに入っていた30年前の自分からの手紙を読んだ一郎は号泣。

二郎と再会を果たし、これからはちゃんと生きると約束するのでした。

 

というのが前回のあらすじです。

『ケイジとケンジ~~所轄と地検の24時』8話の予想・展開

次回は第8話。いよいよ最終章、大詰めですね!

 

事件はさらに複雑になるようで、あらすじを読んでも「?」が頭の中を飛ぶ始末…。

 

虐待と決闘、一見まったく関係ないと思われた2つの事件が繋がるようです。

 

豪太が予告で最後に「お兄ちゃん…」と言っていたのも気になります。豪太にお兄ちゃんはいないですよね???

 

また、今回は全く目黒に脈無しのひかるでしたが、ここから大逆転ってあるのでしょうか?

ひかると結婚を前提に付き合ってると嘘をついたことがバレたらどうなるのか…。

 

気になりますね!

さいごに

今回は登場人物が多く、誰が主犯なのかわかりませんでしたが、黛が全部仕向けたこととは驚きでした。

 

豪太の教師の勘も捨てたもんじゃないですね!

 

今回も真島は、樫村支部長やみなみに認められたいのにできなくて、うわーんとなっていましたが…。

最終回まであと少し。真島は成長、できるのでしょうか?

 

次回も楽しみです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。